【剣盾S32 最終53位 レート2007】日没ジャッジメント

はるまきと申します。シーズン32(禁止伝説2体あり)で使用した構築を紹介します。

 

【結果】

TN ハルチ

最終53位 レート2007

 

【レンタル】

 

【構築経緯】

今シーズンもたくさん対戦をこなしましたが、現ルール(禁止伝説2体)の対戦環境はなんと6か月目ということもあり、構築の多様化が非常に進んでいて、相手のプレイングも読みずらい(通称:エグいプレイング)と感じていました。

そこでサイクルを回して相手に対応するよりも、自分のやりたいことやったもん勝ちの構築を組んだ方が安定して勝てると考え、思い切った対面構築を組みました。

僕がかねてより提唱している戦術である、『禁伝で起点作成→一般枠でダイマダイマしなくて強い禁伝でスイープ(通称:はるまきシステム)』に則った構築になっています。これによって禁伝2体を両方選出しやすく、選出のパワーを保ちやすいです。

まず最も重要な初手に出す禁伝枠ですが、相手のダイマックスを止める素早さ操作ができて、かつダイジェットを半減で受けれるポケモンを使いたいと考えました。しかし「カバルドン」や「ミミッキュ」にいいようにやられるのも嫌なので悩んでいたところ、『テレポートソルガレオ』がこれらを全て解決できることに気付き、採用しました。

次にソルガレオの没後に出すエースポケモンとして、ダイジェットを打ちながら火力を上げることができ、起動したら止まりずらい『命の珠ボーマンダ』と『メテオビームテッカグヤ』を採用しました。

ダイマックスしないスイーパー禁伝は、「ザシアン」を上からワンパンできることが超重要事項だと考え、『スカーフカイオーガ』を採用しました。

カイオーガが出しずらすぎる時に出す用のサブ詰め筋として、ラス1最強ポケモンと言われる『呪いイバンミミッキュ』を採用しました。

ここまでで電気タイプ舐めすぎで「ゼクロム」がやばいので、ゼクロム受けとして安定する『HBカバルドン』を採用して完成しました。唯一の受けです。

 

【コンセプト】

『猪突猛進』

 

【個体詳細】

ソルガレオきあいのタスキ

特性:メタルプロテクト 性格:陽気

実数値:213(4)-189(252)-127-x-109-163(+252)

技:メテオドライブ/岩石封じ/電磁波/テレポート

 

必ず初手に出します。カイオーガイベルタル相手に確実に行動できるように、持ち物はきあいのタスキとしました。

ダイジェットを半減で受けれるのが超重要で、対面ダイジェットをほぼ打たれないし打たれても2耐えするので、確実に素早さを下げた状態で裏に繋ぐことができました。

テレポートは優先度-6で打てる面白い交代技で、あくびや宿り木のタネを切りつつ安全にエースを着地してジャッジメントですの。

選出率は100%でした。

 

カイオーガこだわりスカーフ

特性:あめふらし 性格:臆病

実数値:175-×-111(4)-202(252)-160-156(+252)

技:潮吹き/冷凍ビーム/雷/波乗り

 

ダイマせずにザシアンを上からワンパンできるというのが他のポケモンにない最大の強みです。一貫したら勝ちです。

こちらのダイマックスエースで荒らした後に潮吹きブッッッッッパするもよし、ソルガレオのテレポートで良い対面を作ってから潮吹きブッッッッッパするもよしです。

ザシアンをたくさんワンパンして大活躍してくれました。

 

ボーマンダ@いのちのたま

特性:じしんかじょう 性格:陽気

実数値:170-187(252)-100-x-101(4)-167(+252)

技:逆鱗/空を飛ぶ/炎の牙/身代わり

 

世界一のドラゴンでした。てきとーにダイマックスを切って強いポケモンではないですが、特性じしんかじょうが発動した時はもう、メタモンミミッキュくらいしかこいつを止める者はない。実際にサンタテを量産しました。

元々フルアタで使っていた時は微妙だったのですが、くろこチャンネルリスペクトで身代わりを採用してみたところ、世界が変わりました。ソルガレオで枯らしきれなかった相手のダイマを枯らす、麻痺したカイオーガ(相手)で無理やりダイマを切ってくるところに身代わりを合わせる、などの選択がとれるのが非常に強力でした。

またメタモンでコピーされた際にミミッキュで止める選択ができるように、飛行技はダブルウイングではなく空を飛ぶにしています。

 

テッカグヤ@パワフルハーブ

特性:ビーストブースト 性格:控え目

実数値:173(4)-×-123-174(+252)-121-113(252)

技:エアスラッシュ/てっていこうせん/メテオビーム/火炎放射

 

ボーマンダと双璧のエースです。元の素早さは遅いですが、ソルガレオのサポートがあれば相手を上から殴りつつ加速することができます。主にゼルネアスやミミッキュ入りに対して出していきます。

アタッカーテッカグヤがあまり警戒されておらず、受けのテッカグヤ読みの行動をされることも多かったので、非常に刺さりました。(たぶん、構築の見た目からソルガレオダイマ切りそうすぎて、テッカグヤダイマ型だと思われにくかったのだと考えています。)

技範囲が非常に優秀で、いろんなサイクル構築を破壊しました。

 

ミミッキュ@イバンのみ

特性:ばけのかわ 性格:意地っ張り

実数値:159(228)-156(+252)-104(28)-x-125-116

技:ゴーストダイブ/影うち/呪い/身代わり

 

有名な1on1最強ミミッキュです。カイオーガが出す気起きない時に代わりに出していました。

ミミッキュと相手ポケモンの1対1になった時は本当に全て勝ってました。すごいですね。対面構築においてはかなり入れた方が良いポケモンだと思います。

 

カバルドン@オボンのみ

特性:すなおこし 性格:呑気

実数値:215(252)-132-187(+252)-x-93(4)-57 ※Sはラグラージ抜かれ

技:地震/あくび/ステルスロック/吹き飛ばし

 

いっちょ前に起点作成要因の技構成してますが、1回もステルスロック打ちませんでした。ゼクロムがいるときだけ出します。

選出圧力が最も高い地面タイプかなと思って(砂でヌケニン倒せる、とか)、地面枠はランドロスよりもカバルドンにしました。

選出率3%くらいでしたがこいついないとゼクロムとレジエレキで崩壊しそうなので外せないと思います。

 

【選出】

or+oror(対ゼクロムのみ)

考えるのは、ボーマンダテッカグヤどっちが刺さってるか、です。

 

【強みと弱み】

相手のプレイングにあまり左右されずに、強烈な択になる場面を少なくして安定して戦うことができました。

一方で、電磁波・岩石封じ・メテオビームを外したらかなりヤバいです。

 

【きつい相手】

速い身代わり持ちのポケモン

身代わりコスモパワームゲンダイナはオワリです。

 

【感想】

ルビサファキッズなので、ボーマンダで戦えて嬉しいです!

来シーズンはもっと上目指して頑張ります☝

Twitterhttps://twitter.com/harumakinta

www.youtube.com

【剣盾S27 最終71位 レート2020】攻防一体カテナチオカウンターサイクル

はるまきと申します。シーズン27(禁止伝説2体あり、ダイマックスあり)で使用した構築を紹介します。

 

【結果】

TNハルチ

最終71位 レート2020

 

【レンタル】

f:id:harumaki_tube:20220228224026p:plain

 

【構築経緯】

f:id:harumaki_tube:20220228232055p:plainf:id:harumaki_tube:20220228232045p:plainf:id:harumaki_tube:20220228232115p:plain

まず相手の「サンダー」が強すぎるので、初手でサンダーに出し負けても受け出しから切り返せるポケモンを採用したいと考えました。一般ポケモンでサンダー対策をしようとすると選出が窮屈になるので、禁止伝説枠でサンダーを起点にしていける『HD日食ネクロズマ』から構築を組みました。

次に相手の「イベルタル」が強すぎるので、イベルタルと打ち合って勝てるポケモンを採用したいと考えました。日食ネクロズマがあんまりダイマックスをきらないので、日ネクとのサイクル相性が良く、かつダイマックスしても超強力な『ホウオウ』を採用しました。

次に日ネクがきつい「カイオーガ」と「バドレックス」の一貫を切れて、蛇にらみが強力な『エレザード』を採用しました。

f:id:harumaki_tube:20220228232105p:plain

「ホウオウ」と「ゼクロム」がホウオウ/日ネクの並びにきつい相手だと感じたので、これらを止めることができて汎用性が高い『HBランドロス』を採用しました。

f:id:harumaki_tube:20220228232136p:plain

ほぼ100%選出されていた「ランドロス」に対して圧力をかけることができ、「ジガルデ/ヌケニン」に対する回答にもなり得る『命の珠連撃ウーラオス』を採用しました。

f:id:harumaki_tube:20220228232129p:plain

最後に詰みアタッカーのストッパーになれて、「ザシアン」や「S+1ランドロス」に対して上から鬼火を打つことで裏での受けを安定させることができる『スカーフミミッキュ』を採用しました。

 

【コンセプト】

サイクル戦をしながらどこかでホウオウのダイマックスを通す、または日食ネクロズマで詰ませます。防御と攻撃の一体化で、一気に勝ちに行きます。

 

【個体詳細】

f:id:harumaki_tube:20220228232055p:plain

日食ネクロズマ@ラムのみ

特性:プリズムアーマー 性格:生意気

実数値:203(244)-177-147-137(28)-174(236+)-87(-)

技:メテオドライブ/フォトンゲイザー/瞑想/朝の日差し

調整:C メテオドライブ+瞑想フォトンゲイザーでHBカバルドン確定一発、残りHD

 

あらゆるポケモンをこいつで詰ませました。

珠サンダーのダイジェットに受け出して朝の日差しで受けきることができるので、ダイマサンダーに対してかなり安定するのが強みです。HDがケアされないので相手のダイマをたくさん枯らせました。対策の難しいムゲンダイナとゼルネアスにも圧倒的に強く、環境に刺さってたと思います。

持ち物は、必ず出されるカバルドンのあくびループを切るためのラムのみにしました。めちゃくちゃ発動しました。

フォトンゲイザーは仕様が都合よすぎて超便利でした。(威嚇、マジカルフレイムで止まりずらい等)

 

f:id:harumaki_tube:20220228232045p:plain

ホウオウ@あつぞこブーツ

特性:さいせいりょく 性格:意地っ張り

実数値:207(204)-199(244+)-110-×-174-118(60)

技:聖なる炎/ブレイブバード/地震/自己再生

調整:S 麻痺したS+1最速ランドロス抜き、残りHA

 

ダイマエースです。火力に特化することでダイマックスした時の制圧力が、すんごいです。日ネクとの相性補完が攻守どちらにも優れていると思います。再生力が強すぎて、相手のダイマに一旦ホウオウ投げてダイマターン稼ぐ立ち回りをめちゃくちゃしてました。

ダイマしなくても強いので、割と自分の望むタイミングで後発ダイマを切れる展開が多くて、そのままスイープできることもあります。

ステロ撒かれるのを阻止するのは諦めて、持ち物はあつぞこブーツです。

なんかよくわかんない時でも聖なる炎打っとけば相手50%で焼けます。

 

f:id:harumaki_tube:20220228232115p:plain

エレザードきあいのタスキ

特性:かんそうはだ 性格:臆病

実数値:137-×-72-161(252)-115(4)-177(252+)

技:ボルトチェンジ/悪の波動/草結び/蛇にらみ

 

カイオーガがいたらほぼ出します。水の一貫を切って麻痺らせる、麻痺マンです。相手の素早さを奪えばホウオウでのスイープがしやすくなります。

S109がすごくありがくて、そこそこ火力出るのも地味にありがたいです。ちなみにめっちゃ選出しました。

 

f:id:harumaki_tube:20220228232105p:plain

霊獣ランドロス@オボンのみ

特性:いかく 性格:腕白

実数値:196(252)-165-156(252+)-×-101(4)-111

技:地震/岩石封じ/蜻蛉返り/ステルスロック

 

相手のホウオウ、ゼクロムを止める役割です。あまりにも物理っぽいイベルタルにも出したりしてました。それだけの存在ですが強かったです。

 

f:id:harumaki_tube:20220228232136p:plain

連撃ウーラオス@いのちのたま

特性:ふかしのこぶし 性格:陽気

実数値:175-182(252)-121(4)-×-80-163(252+)

技:水流連打/インファイト/冷凍パンチ/燕返し

 

相手にランドロスがいる場合はほぼ出されるので、ウーラオスミミッキュでどうにかしてました。だいたいダイマックスは、ホウオウか、この男で切ります。

ジガルデがいる場合はこの男のバケモン技範囲で、やっていきました。

選出画面でなんとなく悪タイプっぽさを漂わせてそうなのも、良いですね。

 

f:id:harumaki_tube:20220228232129p:plain

ミミッキュこだわりスカーフ

特性:ばけのかわ 性格:陽気

実数値:131(4)-142(252)-100-×-125-162(252+)

技:じゃれつく/シャドークロー/鬼火/トリック

 

物理型に鬼火ぶち込んで、ネクロズマで詰ませます。とりあえずなんかできるので初手に出しやすいです。

シャドークローと電磁波で迷いましたが、黒バドレックスに勝てるようにシャドクロにしました。

 

【最後に】

あだ名は「はるまき」

でもザシアンが嫌いで

この街をゴツゴツメット持って歩いてる

twitter.com

www.youtube.com

【剣盾S22 最終66位 レート2065】襲撃スカーフカイオーガ -止まない雨はある-

はるまきと申します。シーズン22(禁止伝説1体あり、ダイマックスなし)で使用した構築を紹介します。

 

【結果】

TNハルチ

最終66位 レート2065

 

【並び】

f:id:harumaki_tube:20211001193153p:plain

 

【構築経緯】

f:id:harumaki_tube:20211001194548p:plainf:id:harumaki_tube:20211001194558p:plainf:id:harumaki_tube:20211001194646p:plain

まず禁伝枠ですが、禁伝の中で最も使用率が高い「ザシアン」に勝てるポケモンを使いたいと考えました。今シーズンはHD振りザシアンは全くいないように感じたので、ほとんどのザシアンを上からワンパンできる『スカーフカイオーガ』から構築を組みました。

まずカイオーガを使う上で「トリトドン」が厄介なため、影踏みでキャッチしてカモりにいける『ゴチルゼル』を採用しました。

次に「ゴリランダー」と「ヒヒダルマ」に強く、とんぼ返りでの対面操作が優秀な『ハッサム』を採用し、これらを構築の軸としました。

f:id:harumaki_tube:20211001194618p:plain

イベルタル」がカイオーガ軸で最もきつい相手だと感じたので、イベルタルに強く、ボルトチェンジでの対面操作が優秀な『カプ・コケコ』を採用しました。「サンダー」じゃイベルタルに負けます、たぶん。

f:id:harumaki_tube:20211001194626p:plain

カイオーガが苦手な「ウオノラゴン」と「ムゲンダイナ」に圧力をかけることができ、竜の舞を積むことにより「ラッキー」を突破できる『ドラパルト』を採用しました。

f:id:harumaki_tube:20211001194700p:plain

最後の枠は誰もしっくりこなかったので、カイオーガのスカーフを読ませないために『メタモン』を採用しました。見せポケです。イバンの実です。

 

【コンセプト】

相手の意識外からスカーフカイオーガで襲撃、破壊します。

 

【個体詳細】

f:id:harumaki_tube:20211001194548p:plain

カイオーガこだわりスカーフ

特性:あめふらし 性格:臆病

実数値:175-×-111(4)-202(252)-160-156(+252)

技:潮吹き/冷凍ビーム/雷/波乗り

 

ザシアンを上からワンパンできるのが最大の強みです。ゴチルゼルをチラつかせることで相手は容易にトリトドンを出せないので、相手にキツイ択を強制しながら潮吹きをブッッッッッパできます。

基本的にスカーフがケアされないので、面白いように先制の潮吹きが通りました。そもそもスカーフカイオーガで詰んでいる選出をされる場合もあり、雨が止まないうちに一瞬で勝った対戦も多かったです。

 

f:id:harumaki_tube:20211001194558p:plain

ゴチルゼル@こだわりメガネ

特性:かげふみ 性格:控え目

実数値:177(252)-×-115-161(+252)-131(4)-85

技:サイコキネシス/エナジーボール/悪巧み/トリック

 

トリトドンを確実に処理する係です。ついでに受けもカモれて良いと思います。

最初ねむカゴ型で使っていましたが、クリアスモッグ持ちのトリトドンに負けたので、メガネ型にしました。

性能だけでなく、相手のプレイングを歪めることができる点が強力でした。

 

f:id:harumaki_tube:20211001194646p:plain

ハッサムきあいのタスキ

特性:テクニシャン 性格:意地っ張り

実数値:155(76)-200(+252)-121(4)-×-101(4)-107(172)

技:バレットパンチ/とんぼ返り/泥棒/カウンター

調整:S無振りロトム抜き(クレセリア抜き抜き)、残りHA

 

とんぼ返りの対面操作が優秀なのでできるだけ初手に出したいと考え、対面性能が高いタスキカウンター型にしました。

初手のウオノラゴンやザシアンを倒せるカウンター、バドレックスを倒せる泥棒を採用しました。そしてたくさん倒しました。

初手に出されやすいマンムーヒヒダルマに強くて、良いです。

 

f:id:harumaki_tube:20211001194618p:plain

カプ・コケコ@とつげきチョッキ

特性:エレキメイカー 性格:臆病

実数値:145-×-105-147(252)-96(4)-200(+252)

技:雷/マジカルシャイン/草結び/ボルトチェンジ

 

イベルタルに後出しできる回数を増やすためにチョッキで採用しました。

他のメンバーでキツめな、ウーラオスカプ・レヒレにも強くて良いです。

また、メタモンカイオーガをコピーされた際に、メタモンのHPを30%程度削っておけば雨下の潮吹きを耐えるため、ぎりぎり切り返したりしてました。

 

f:id:harumaki_tube:20211001194626p:plain

ドラパルト@命の珠

特性:すりぬけ 性格:陽気

実数値:163-172(252)-95-×-96(4)-213(+252)

技:ドラゴンアロー/ゴーストダイブ/不意打ち/竜の舞

 

ガブリアスや、アタッカーのムゲンダイナを確実にワンパンするために、命の珠を持たせて採用しました。

特性はムゲンダイナのみがわりを貫通できるすりぬけにしました。

ザシアン/ウオノラゴン軸はザシアン以外に竜技の一貫がある場合が多かったので、ザシアンを倒せばドラパルトが通る、ウオノラゴンを倒せばカイオーガが通る、という状況を迫れて強かったです。

一定数存在したスカーフ黒バドレックスが他のメンバーでキツめですが、そこを不意打ちで処理する選択肢があり良いと思います。

 

f:id:harumaki_tube:20211001194700p:plain

メタモン@イバンの実

特性:かわりもの

 

ほぼ見せポケです。ゼルネアスには出します。

パーティーにいるだけで、カイオーガをスカーフと思わせない+相手が積み技を打ちずらいのが強いです。

持ち物は先制の爪と光の粉を試しましたが、発動しないのでイバンの実にしました。発動タイミングがわかるので扱いやすい(?)です。

全部同速の運ゲになりますが、別にいいのです。

 

【感想】

ザシアンたくさん倒せて良かった!!!!!

S23もたくさん対戦したいです。

 

Twitterhttps://twitter.com/harumakinta

【S17最終96位(2011)】無限の羽,すり抜ける炎,罪色絶対零度

1.はじめに

はるまきと申します。シーズン17で最終2桁順位を達成したので構築記事を書こうと思います。

f:id:harumaki_tube:20210501233745j:plain

 

2.構築経緯

禁止伝説枠はイベルタルを使いました。理由はかっこよくて強いからです。

それから、ザシアンとサンダーが辛いので引き先を用意しました。いろいろ使いましたがなんだかんだでヌオーポリゴン2に落ち着きました。

それから、バンギラスくんやラッキーちゃんを倒せるテラキオンです。ウーラオスと違うところはホウオウやサンダーをボコボコにできるところです。

それから、ウオノラゴンの一貫を切るため and ラッキー+ドヒドイデを崩すために、みがわりを覚えたラプラスです。

ここまできて、ゼルネアス対策をしないと夜も眠れなくなる病を患っている僕と、ラグラージ+サンダー+ザシアンに勝てなさ過ぎた僕がいました。そんな僕を救ってくれたのがシャンデラです。

f:id:harumaki_tube:20210501214726p:plain

3.個体紹介

f:id:harumaki_tube:20210502000908g:plain

イベルタル

特性:ダークオーラ 持ち物:いのちのたま

性格:おくびょう H205(28)-A135-B115-C180(228)-D118-S166(252)

技:あくのはどうデスウイング,みがわり,ふいうち

ウーラオス破壊ポケモンです。なんで特攻にブッパしてないかは忘れました。というか、ブッパしてなかったことに今気づいてます。

みがわりを覚えている一番の理由は対ミミッキュに対して安定するからです。ミミッキュは特防が高いのでダイマックスされたらワンパンできませんが、イベルタルはかげうち半減なのでダイマックスを枯らせたらこっちのもんです。白バドレックスに対しても同様です。みがわりでHPが削れてもデスウイングで回復できるのが強いですねえ。

 

f:id:harumaki_tube:20210502000813g:plain

シャンデラ

特性:すりぬけ 持ち物:とつげきチョッキ

性格:ひかえめ H167(252)-*-B110-C202(148)-D124(108)-S100

技:オーバーヒート,シャドーボールエナジーボールクリアスモッグ

壁ゼルネアス対策 and ラグラージザシアン対策です。

特防は、ステルスロック+ゼルネアスのC+2ダイフェアリーを確定耐え調整です。

まずゼルネアスに対しては積まれたらクリアスモッグです。特性すりぬけなので壁もみがわりも関係ありません。ジオコントロールがなければ怖くありません。

ラグラージ+サンダー+ザシアンの並びに対しては、誰に対しても有利だと思います。サンダー対してはダイバーン連打で、ダイマックスの打ち合いに勝てます。ザシアンがHPに252振りでもオーバーヒートであれば確定で落とせます。

 

f:id:harumaki_tube:20210502000718g:plain

テラキオン

特性:せいぎのこころ 持ち物:きあいのタスキ

性格:ようき H166-A181(252)-B110-*-D111(4)-S176(252)

技:ストーンエッジインファイト,がんせきふうじ,でんこうせっか

超ASぶっぱでタスキを持ってでんこうせっかを覚えることで、いろんなポケモンに対面勝利します。特に、ホウオウやカイリューに対して、かなりやっていけました。

ブラッキーイベルタルで地味にきついので、イカサマに合わせて受けだししてせいぎのこころ発動させたりしてました。

上手く使うコツは、ストーンエッジを打つことを怖がらないことです。

 

f:id:harumaki_tube:20210502000628g:plain
ポリゴン2

特性:アナライズ 持ち物:しんかのきせき

性格:なまいき H191(244)-A100-B114(28)-C125-D159(236)-S72

技:トライアタック,れいとうビームイカサマ,じこさいせい

たぶん、多くの人が使っていた型のポリゴン2です。防御はようき珠ミミッキュ剣舞ダイフェアリーを確定耐えです。

サンダーの半減でもない珠ダイジェットに受け出しして、じこさいせいで受かってしまうのはダメだよ。こんなのぜったいおかしいよ。

 

f:id:harumaki_tube:20210502000446g:plain

ヌオー

特性:てんねん 持ち物:ゴツゴツメット

性格:のんき H202(252)-A105-B150(252)-C85-D86(4)-S38

技:ねっとう,じしん,のろい,じこせいせい

ザシアン担当大臣です。素早さ個体値「まあまあ」の完全変態妥協固体。

ザシアンって一発殴ってきたらすぐ引っ込んでくるし、タイプが優秀で削るのが難しいので、受けてるだけで削れるゴツゴツメットを持たせました。

ウインディなんかもザシアン受けとして優秀だったんですけど、ザシアンサイドがステルスロック持ちと組んでることが多くて、あつぞこブーツを持たせないときつかったです。なので、ステロ半減でゴツゴツメットを持てるという点でヌオーがいいかなと思いました。

のろい+じしんを覚えることで、ゴチルゼルで詰まないしジガルテのみがわりを割れます。

 

f:id:harumaki_tube:20210502000531g:plain

ラプラス

特性:ちょすい 持ち物:たべのこし

性格:ずぶとい H224(148)-*-B143(236)-C106(4)-D122(52)-S89(68)

技:ぜったいれいどフリーズドライ,ボディプレス,みがわり

受けポケモンに対してみがわりしてハメます。

調整は昔の僕が考えたのでよくわかんないです。素早さがアーマーガア抜き抜きだったことは覚えています。

ランクバトル最終日、ぜったいれいど打ちすぎて頭おかしくなりそうでした。

 

4.終わりに

禁止伝説環境3か月目、過疎過疎言われてましたが、僕は573戦こなしましたよ!

来月も、みんなでポケモンやろうよ。

f:id:harumaki_tube:20210501233132p:plain

 

Twitterhttps://twitter.com/harumakinta

Youtubeチャンネル:はるまき実況 - YouTube

 

 

【剣盾S10使用構築】環境メタバニラカビ+ダイマックス【最終2105/39位】


f:id:harumaki_tube:20201004222348p:plainf:id:harumaki_tube:20201011164937p:plain

こんにちは。はるまきと申します。

TNはハルチで潜ってました。

今回最終39位という個人的にすごく良い順位を達成できたので、初めて構築記事を書いてみます。

 

・構築経緯

f:id:harumaki_tube:20201004223836p:plain

S10はカバルドンが禁止ポケモンでありステルスロック持ちが少なくなったため、きあいのタスキが非常に強力になると考えた。

ある程度対戦をしたところで、タスキ+スカーフ+ダイマ2枠+クッション2枠というような組み合わせが強いように感じ、構築を考えた。

 

 

・個体詳細

f:id:harumaki_tube:20201004223419p:plain

バイバニラきあいのタスキ

特性:ゆきふらし

性格:むじゃき

実数値:147(4)-115-105-162(252)-103-144(252+)

技:ふぶき/フリーズドライ/ミラーコート/こおりのつぶて

 

最速ホルードとパッチラゴンを抜くために最速。

こおりのつぶての威力を落とさないために性格はむじゃきとした。

 

必中「ふぶき」と「フリーズドライ」の技範囲が広く、特殊型は「ミラーコート」で倒していけるので先発でも後発でも非常に安定した。

特性のゆきふらしで相手のタスキを削れるのが何気に優秀。

たまに凍らせて運勝ちしてた。

 

選出率トップ。MVPあげる。

 

 

f:id:harumaki_tube:20201004225518p:plain

テラキオンこだわりスカーフ

特性:せいぎのこころ

性格:ようき

実数値:167(4)-181(252)-110-×-110-176(252+)

技:いわなだれ/インファイト/じしん/ステルスロック

 

S+1リザードンを上からワンパンするために「こだわりスカーフ」を持たせて採用。

いわなだれ」でダイマリザードンアローラキュウコンを確定1発。

C補正なしのアローラキュウコンムーンフォースは確定耐え。

ステルスロック」はダイウォール用で採用。

ダイウォール→ダイナックル→ダイウォールの動きが強かった。

 

削れたバイバニララフレシアリザードンの起点になりやすかったため、そこをカバーして逆にカモっていけた。

たまに怯ませて運勝ちしてた。

 

 

f:id:harumaki_tube:20201004231454p:plain

ガマゲロゲ@いのちのたま

特性:すいすい

性格:いじっぱり

実数値:181(4)-161(252+)-95-×-95-126(252)

技:アクアブレイク/じしん/パワーウィップ/ドレインパンチ

 

物理ダイマエース。

ダイマエースはパッチラゴンに勝てることを第一の条件として選んだ。

 

物理型にすることでアシレーヌにかなり強かった。

またラッキーやハピナスを難なく突破できるので、受け構築を崩せたりもした。

物理か特殊か分かりづらいのも地味に強い。

 

天候を変えてくるアローラキュウコンは厄介だったが、いない場合は結構刺さってることが多かった。

 

 

f:id:harumaki_tube:20201004232832p:plain

オンバーン@ハバンのみ(ドラゴン半減実)

特性:すりぬけ

性格:おくびょう

実数値:161(4)-×-100-149(252)-100-192(252+)

技:りゅうせいぐん/ぼうふう/かえんほうしゃ/ちょうはつ

 

特殊ダイマエース。

パッチラゴンに勝つために「ハバンのみ」を持たせた。(あんま発動してない)

みがわりや壁が多かったので特性は「すりぬけ」にした。

 

ウーラオスアイアントを上からワンパンできるポケモンが欲しくて採用した。

受けポケモンに対して「ちょうはつ」を打てるのが非常に強かった。

 

 

f:id:harumaki_tube:20201004234317p:plain

ラフレシア@くろいヘドロ

特性:ほうし

性格:ずぶとい

実数値:182(252)-×-143(196+)-131(4)-111(4)-77(52)

技:ヘドロばくだん/ムーンフォース/やどりぎのタネ/ちからをすいとる

 

素早さはハピナス抜き抜き。

マリルリやウーラオスに対するクッションとして採用。

 

物理型はけっこうこいつで詰ませることができ、TODを仕掛けることもできた。

 

終盤はマリルリがダイジェット打ってきたり、アシレーヌがダイサイコ打ってきたりしていて、なんかメタられてる感じがした(モロバレルのせい?)ので、気を付けて選出する必要があった。

特性の「ほうし」でたまに運勝ちしてた。

 

 

f:id:harumaki_tube:20201004235540p:plain

カビゴン@たべのこし

特性:めんえき

性格:わんぱく

実数値:265(236)-133(20)-128(252)-×-130-50

技:じわれ/かわらわり/みがわり/あくび

 

かわらわり」でラッキーのみがわりを確定で壊せるように調整。

毒が嫌だったので特性は「めんえき」とした。

 

こいつを最終日に加入させてハチャメチャに勝てたので本当に使って良かった。

「初手ダイマ+受けor詰ませ」みたいな構築が多かったので、一撃必殺で破壊したいと思い採用した。

受けよりの構築にけっこう選出したので「みがわり」で「キノコのほうし」や「やどりぎのタネ」を防ぐのが強力だった。

 

無限に居座って、「じわれ」で2体倒したりしてた。

アッキピクシーとかをよくカモれた。

 

 

・感想

色んなポケモンを試せて、楽しいシーズンでした。

初めてここまで良い順位を残せたので、本当にうれしいです。

 

ここまで閲覧ありがとうございました。